スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

魔法使いとご主人様総レビュー

やっと寒くなってきましたね。

先週のことですが、千葉の御宿に行ってまいりました。
ドライブで帰りに「道の駅あずの里」というところに寄ったんですが、併設しているパン屋さんのパンがおいしーい!

pan

失礼だけど道の駅なのであまり期待していなかったんですが、びっくり。

pan

「ホワイトベル」という名前のパン屋さんでした。道の駅も最近はすごいんですね。

さて魔法使いとご主人様2回目記事です。

魔法使いとご主人様 New Ground ~wizard and the master~ ボリュームアップ版 (予約キャンペーン特典:ボイス&おまけイベントCD付き)魔法使いとご主人様 New Ground ~wizard and the master~ ボリュームアップ版 (予約キャンペーン特典:ボイス&おまけイベントCD付き)
(2010/07/31)
Windows

商品詳細を見る


もう、ロゼゲームはレベルが違う!

前回も書いたけど微妙ゲームばかりが続いたのでつくづく思ってしまいました。

私にあうというのもあるんですよねー。アラロスからはじまって、アニアリ以外ははずしたことありませんからね。圧倒的なボリューム、すばらしい糖度、妄想しちゃうほどすてきなキャラたち。(絵はいまいちなのが多いけど)今のところ、ロゼの五月さんが乙女ゲームライターで一番好きです。

なんといってもいいのは男性のしぐさやちょっとしたはじらい、隠してももれでてしまう主人公への気持などディテールをすごく丁寧に描くところ。二人が少しずつよりそっていくさまをラブシーンなしで表現してみたり、デートの場面を繊細に描いたり、ちょっと詩的なんですよねー。
ストーリーや設定にこる他社のゲームよりも、ひたすら恋愛過程のディテールを丁寧に描くロゼのゲームのほうがいいんですよね。

ただ、五月さんは多分すごいこり症の方だと思う。萌えを追及しはじめると筆がとまらないのだろうか?時々何が言いたいのかわけがわからなくなってる時があります。(魔法使いのハワードのルートとか)
後、彼女なりに色々描きたい萌えはあるのだろうが、アニアリはマンネリでした。作り手にしてみれば微細に色々
違う萌えなんでしょうが、よっぽどのアリスファンでないと前と同じように見えてしまいます。

それでもストーリーや設定に頼りすぎず、自分の筆力で勝負する姿勢はすてきですね。来年のゲームにも期待!

てなことでハワード、サイラス、リュークの感想ですが、なんといってもリューク萌えー!・・すっごーい王子様!

何度も言ってますが、乙女ゲームってフツーの人が少なすぎる!私はリュークのような普通の男の子と恋愛したかったんだ・・としみじみ。
この魔法使いとご主人様がなぜこんなに気にいったかというと、キャラのフツー度が意外と高いんですよね。特にリュークは本当に普通のマジメな男の子で、妹に家督を譲るとか性格がいい!

そして萌えも正統派!
嫉妬の思いがあまっていきなりキスしちゃうとか、昔ながらの少女マンガみたいなベタなシチュエーション大好き。こういうのを見たくて乙女ゲームをやってるんですよー♪
リュークと恋愛した後は「乙女ゲームって本当にいいものですねー」と水野ハルオさん風に言いたくなります。(←古い)主人公を好きになった理由もまっとうで、恋愛過程がきちんとしています。

サイラスもよかったです。ちょっとたらしっぽくてあまり私好みのキャラではないんですが、好みでなくても萌えさせてくれるところがロゼの腕!
ただねー「私が幸せにする」って主人公が言っちゃうのが興ざめ。ゲームの世界でくらい男性によって幸せにされたい。
ラストシーンもすごくよかったです。

ハワードはねー。本当に主人公のことが好きなのか、それとも元のご主人様だから好きなのかがわからず、ちょっと不満。でもハワード自体はザ・大人の男ですてきでした。

レビュー

魔法学園が舞台。主人公は魔法の使えないプリンセス。期間内に身分にふさわしい従者を探し出す。攻略キャラは従者候補の男性たち。

長所は第一に圧倒的な萌え!糖度抜群です。
ベタな萌えシチュはほとんどカバーしてるんじゃないかというくらい、あまあま。エンドは二つあるんだけど、どちらも鼻血出るほど甘いです。

第二にボリュームもある!
お値段分のもとはとれてるかな?と思います。逆にさくっとプレイしたい方には向かないかも。
初期のハトアリよりも少ないターンですぐにイベントが起きるので、そんなに作業感も感じませんでした。

第三に恋愛過程が自然!
上に書いたけど、ディテールを細かく書き込んでるので、二人の気持がもりあがっていくさまが他のゲームに比べると自然でした。・・とはいってもルートによってはやや強引でしたが。やっぱり攻略キャラのいいところ、二人がよりそっていくさまを丁寧に描いていくのが乙女ゲームの基本ですよね。人によってはくどいという人もいるでしょうが、私は好きです。

第四にスチルが美しい!
クリムゾンの絵師さんですが、とてもうまくなってます。CG数も多くて満足。

第五に攻略キャラがみんな魅力的!
私の好みにあってるだけかもしれませんが、一人も嫌なキャラがいませんでした。ほとんどが正統派で乙女ゲームやってるー♪という気持ちになりました。

第六に萌えシチュはおさえながらも、ルートによっては乙女ゲームにはないような展開(拒もうとするハワードに主人公が無理やりくっつこうとするとか)もあり楽しかったです。

短所は
第一にルートによって糖度に差がありすぎる
私の好みのセラスやハワードが最初から大好き設定だったり、昔の主従関係で恋愛関係が見えにくいなどちょっと残念でした。逆に好みでないサイラスはすごく甘かった。

第二に主人公が積極的すぎる!

お友達にするにはいいんでしょうが、あんまり主人公に積極的に動かれちゃうと恋愛してる感がうすくなっちゃうんですよねー。あくまで攻略キャラにアクションをおこしてほしいの。男におされる感を楽しめないです。

第三に上にも書きましたが、キャラを描こうとしすぎて時々ライターさんの一人よがりな感じになる。魔法うんぬんや研究の話にこだわりすぎたりして甘さがそがれています。

まあ、完璧なゲームってないですよね。長所と短所は表裏ってこともありますし。
十分にすばらしいゲームでした。
ロゼが嫌いでない方ならぜひ一度!リメイクとしても、追加要素や声萌え、きれいな絵などお得感たっぷりで優れてると思います。(ただのまるごと移植が多い中で立派)



続きからハワード、サイラス、リュークのネタバレ感想を

「魔法使いとご主人様感想」その他過去記事に拍手いただいています。ランキングにもクリックいただきました。ありがとうございます。励みになります。

続きを読む

スポンサーサイト

テーマ : 乙女ゲー
ジャンル : ゲーム

魔法使いとご主人様、シルフィール、ロイド、ミラー、セラス感想

出掛けていたので、また更新滞りました。カメブログですみませぬ。
千葉の御宿に行ってたんですけど、旅行の記事はまた後ほど。

先日何かの番組を観ていたら、「アクション映画は攻撃的な気持を高めて、実際にけんかなど攻撃行動をとる刺激となるが、恋愛映画や小説は『恋愛した気持ち』になってしまい、実際に恋愛に向かうエネルギーを減らす方向に作用する」というようなことを心理学者だか脳科学者が言ってました。

その説が正しいかどうかはわかりませんが、そうだとしたら主婦が乙女ゲームにはまるのはすごく合理的なことですね。
実際に乙女ゲームブログを検索しはじめたのは、昨年の3月ごろのことなんですが、意外と主婦の方が多いなーと安心した覚えがあります。それまでいいトシして女子高生がやるような「遥かなる時空の中で」とかやってるのは自分だけ?と微妙に不安でした。

乙女ゲームは主婦の恋愛欲求を健全な方向に昇華させてるんですよね!実際に三次元で行動したら家庭崩壊になっちゃうし、かといってだんな一人に恋愛欲求を向けるのは色々と難しいんですよねー。

私はだんなとはすごく仲がいいんですが、さすがに結婚8年目で出会った頃のようなときめきとか「男と女」感を持つというのは無理ですね。お互い緊張感ナッシングです。まあ家族なんてそんなもんですかね。ときめきは二次元の殿方から得て、現実をやっていくというのは主婦の知恵!きっと乙女ゲームを購入する人に占める主婦の割合は増え続けるのではないかと思います。

なんてどうでもいい話してしまいましたが、実は魔法使いとご主人様を結構前にコンプしていたんですよ。カメゲーマーの自分としては珍しくはまりすぎて、夢中でプレイしてしまいました。
魔法使いとご主人様 New Ground ~wizard and the master~ ボリュームアップ版 (予約キャンペーン特典:ボイス&おまけイベントCD付き)魔法使いとご主人様 New Ground ~wizard and the master~ ボリュームアップ版 (予約キャンペーン特典:ボイス&おまけイベントCD付き)
(2010/07/31)
Windows

商品詳細を見る


もうねー、このゲーム最高!
堕天使の甘い誘惑とかメモリーズとかルシアンビーズとか微妙ゲーばかりが続いた後で、多少萎え気味だったんですが完璧に持ち直しました。自分的には今年やったゲームの中で一番萌えたわ。客観的にみれば三国恋戦記のほうが質が高いんだけど、なんたって正統派ツンデレ、正統派王子様、正統派執事、正統派大人の男と正統派オンパレードで私の好みドストライク!もうプレイしていてあまりの嬉しさに涙出そうになりました。
ロゼのゲームは私にあっているのか、アニアリをのぞけば期待を裏切られたことがないです。アニアリだけはひどかったけどね。クリムゾンエンパイアPS2はスルーするつもりだったけど、このゲームの後ではむくむくと買いたい衝動が高まってきています。

一回でレビューを書いちゃうとブログネタがなくなっちゃうので、今日はシルフィール、ロイド、ミラー、セラスの感想を。
本当に叫びたいのは、ミラー萌え!ってことなんです。
あああ、こういう正統派のツンデレ死ぬほど好きなんですよー。クリムゾンのジャスティン様とか・・。
しかも幼馴染設定大好物!
小さいころから好きだった」というのがたまらんわー♪
ミラーは主人公のこと好きで好きでしょうがないじゃないですか!ほとんどストーカー。「僕は知ってるよ。君の趣味から食べ物の好き嫌いまで」って・・。最高!いい男だったらストーキングされても全然オッケーよ!
これくらい盲目的に情熱的に愛されてみたいなあ。ちょっと主人公に対して過保護なのも許せる。
主人公のひとことひとことに過敏に反応してしまう純粋さがかわいい!
特に萌えちゃったのが「僕が王族だったら」と悔しそうにつぶやくところ。身分違いの恋大好きです。

それにしてもキスもしていないうちから恋愛感がすごい!丁寧によく描けています。恋愛過程が雑なゲームが多いなかたいしたもんです。

ただねー、クリムゾンの時も書いたんだけど、主人公がガサツすぎる!
なんとなくキスした」とか、ミラーがかわいそうすぎるよ。私はこういう主人公嫌いじゃないんですけどね。「私は飛びぬけて不細工でもないかわりに飛びぬけて美人でもない」という冷静な自己認識が好き。大人になるということは「ほどほどの自分」で満足できるようになるということだと思うのです。そういう意味では成熟した主人公だと思います。剣ができたりかっこいいのもポイント高い。
でも、がさつさに振り回されちゃうミラーあわれ・・。そこが萌えポイントなんですけどね。

ロイドもまあまあよかったです。ミラーに比べると糖度が薄いかな?
期待していたセラスは、結構あっけなかった。最初からご主人様大好き設定でツンとしているわけでもないからあんまり障害もないのかも。最初から好き好きなので告白に重みがない。でも正統派召使大好きです。

とにかく私はミラーとリュークで三国恋戦記以来の萌えを体験しました。1年分補給できたかな?という感じです。

クリムゾンの絵師さんなんですが、クリムゾンよりスチルがぐっときれいになって女の子キャラをプレイするのも楽しかったです。


続きからシルフィール、ミラー、ロイド、セラスのネタバレ感想を。

ルシアンビーズ総レビューその他過去記事に拍手いただいています。ランキングにもクリックいただきました。励みになります。ありがとうございます。

続きを読む

テーマ : 乙女ゲー
ジャンル : ゲーム

フリーエリア
ランキングに参加してます。
プロフィール

雪

Author:雪
いいトシして乙女ゲームが大好きな主婦兼医療従事者です。
好みのキャラは純粋系の性格いい男性。好きなゲームはとにかく甘いもの。最近では薄桜鬼随想録が一番のお気に入り。

現在お仕事が忙しくなってきてしまい、事実上更新ストップしています。見に来てくれる方すみません。

なお、記事への中傷などはご遠慮ください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

FC2カウンター
フリーエリア
検索サイト様
ブロとも一覧

へっぽこでにわかゲーマーのつぶやき

ヲタ主婦徒然日記
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
今プレイ中のゲーム
テイルズオブグレイセス◆ L2 LOVE LOOP◆ スカーレッドライダーゼクス◆ クローバーの国のアリス◆ 鬼畜眼鏡◆ ペルソナ3ポータブル◆ 二世の契り
購入予定
二月◆ 遥かなる時空の中で5◆ 三月◆ スターリースカイアフターサマー◆華鬼◆籠の中のアリシス◆ 四月◆ つばさ丘の姫の王 ◆五月 ◆いざ恋戦◆赤ずきんと迷いの森◆蝶の毒華の鎖
twitterやってます
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。